高級ステーキの代名詞フィレ(ヒレ)を解説!おすすめの焼き方やフィレに合うお酒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
フィレ(ヒレ)

フィレといえばステーキに代表される高級な部位。
最大の特徴はその柔らかさにあります。

この記事を読めばさらにフィレの魅力が分かる事でしょう。

フィレの特徴

フィレの柔らかさは牛肉史上最高。
何故かというと、牛の部位の中で圧倒的に運動量が少なく、キメが細かいから。

サーロインに対して肉の女王とも呼ばれるこの部位は、ヒレやテンダーロインと表現されることもあり、特徴はとにかく「柔らかい」ということ。
さらに脂肪が少なく、老若男女問わず食べやすい部位です。

フィレの柔らかさは感動もので、肉質はきめ細かく舌触りもまろやか。
赤身のほんのりとしたクセのない甘みも感じられる、まさに非の打ち所がない部位といえます。

フィレの美味しい食べ方・焼き方・合うお酒

フィレステーキ

フィレの王道は「ステーキ」。ぶ厚くても柔らかく、口にいれると肉汁があふれ出し、その柔らかさと舌触りは感動もの。

焼くときはあまり火を通さず、レアで頂くのがオススメ。
バラ肉のような脂っこい部位が好みの方も、このフィレの甘みと柔らかさを味わえば、一発でフィレの魅力に取りつかれることうけあい。

オススメの味付けは塩コショウを最小限にとどめて、是非とも肉本来の味を楽しんで頂きたい。
醤油や甘口ダレでも良いですが、その場合も味付けは最小限に。

お酒はブルゴーニュの赤ワイン、ソーヴィニヨン・ブラン系の白ワイン、日本酒なら大吟醸と良く合います。

30日以上熟成フィレ
→30日以上熟成された飛騨牛のフィレ
大切な記念日に最高のご褒美を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。