リブ芯ロースの部位を解説!おすすめの焼き方やリブ芯ロースに合うお酒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
リブ芯ロース

リブ芯ロースは、リブロースの中央に位置するベストな部位。
焼肉やステーキで美味しく頂ける、リブロースの中でも豪華な部位になります。

リブ芯ロースの特徴

リブ芯ロース

中央にあるためリブロースの中で最もベストバランスな部位。
ツヤ・霜降りの美しさは見た目も優雅で、肉質はきめ細かく、舌触りの柔らかさはまさに感動もの。

脂も上品でサシが多く入っているにもかかわらず、しつこくなく甘みがじんわりと感じられます。

リブ芯ロースの美味しい食べ方・焼き方・合うお酒

リブ芯ロース

リブ芯ロースを美味しく食べるなら、薄切りの方がとろける触感が味わえ、焼きの失敗も少ない。
程よくとけた脂と赤身のベストバランスで、柔らかく嚙まずとも溶けていく感覚が味わえます。

厚切りやステーキの場合は、焦がさぬよう焼きつつもしっかり脂を落としたい所なので、火入れが少し難しくなります。

焼き方は「レア」で。
薄切りの場合は両面を強みでサッと炙る程度でOK。
厚切りの場合は両面を強火で焼いたら、弱火で少しだけおいてから食べるのが良いでしょう。

お酒は赤ワインのボルドー系。日本酒であれば冷酒が合うと当店では考えています。

30日以上熟成リブロース
→30日以上長期熟成された本当に美味しいリブ芯ロース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。