ササバラってどこの部位?おすすめの焼き方やササバラに合うお酒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ササバラ

ササバラ(ササ肉)は、バラ肉の中でもそとバラの一部。
脂はあるのにくどさがない希少部位です。

ササバラ部位の特徴

バラ肉の中でも、腹側にあるバラ肉をそとバラといいますが、ササ肉はそのそとバラに位置し、ももの付け根側にあるのがササバラです。
一頭の牛からとれる量も少なめなので、希少部位に入ります。

肉質はキメが細かく、赤身とサシのバランスは見た目にも美しい。
たっぷりサシが入っているように見えますが、その脂は驚くほどさっぱりとしており、脂っこくないのもポイントが高い。

ひと口食べると脂の甘みと肉の味が口の中にじんわりと広がっていきます。

一般的なカルビで比べてしつこさが無いので口の中が重くなりにくいのが特徴です。

ササバラの美味しい食べ方・焼き方・合うお酒

ササバラ

ササバラは焼肉が一番オススメですが、塊で焼いて提供するお店もあります。
繊維質な肉は柔らかく、サクッとした食感が特徴。

肉のうまみを味わうなら、わさび醤油、甘口ダレ、にんにく醤油との相性が良いでしょう。

焼き方はミディアムレアで、表面を強火でカリッと焼いて、中まで軽く火を通し、中心に生っぽさが残っている状態がベスト!
火を通しすぎると固くなるので注意です。

合うお酒は赤ワインのボルドータイプ。
日本酒であれば微発泡の辛口タイプが良いでしょう。

30日以上熟成ササ肉(ササバラ)
→30日以上の長期熟成された飛騨牛のササ肉を味わうならこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。