ザブトンの部位を解説!おすすめの焼き方やザブトンに合うお酒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ザブトン

ザブトンははねしたとも呼ばれ肩ロースにある部位で、サシがしっかりと入っている部分。

この記事ではオススメの食べ方・焼き方・ザブトンに合うお酒を紹介します。

ザブトンの部位解説・特徴

ザブトン部位画像

ザブトンは肩ロースのあばら骨側にある肉。
焼肉屋などでは「ロース」と一括りで提示している店舗も多いが、首から腰までの背中側の肉を総称してロースと呼ぶので、その中では実に多種多様な部位が存在します。

肩ロースは最も首に近い部位で、全体的に肉厚で柔らかくきめが細かいのが特徴。

ザブトンの由来

ザブトンという名称は、部位の形状が座布団に似ていることから。
肩ロースの中でもしっかりとサシが入る部位で、お店によっては「特上カルビ」として出される場合もあります。

ザブトンの触感・味

少し筋っぽさが感じられる部位ですが、柔らかく霜降りなのに触感も感じられるので、食べる満足感を感じられます。

薄切りや厚切りどちらでも美味しく食べられますが、和牛は脂も多めなため、気持ち薄切りで食べるほうが向いていると言えます。

オススメの食べ方・焼き方・合うお酒

ザブトン

ザブトンはやはり焼肉で頂くのがベター。
脂が多めでお酒も進む部位です。あっさりめの甘口ダレ、わさび醤油、さっぱりとした塩だれがよく合います。

焼き方は「レア」で。
片側を強火でカリッと焼き、脂が溶け出してきたと感じたらひっくり返して、焼き目を付ける程度でもう片面を焼く。
焼きすぎは味が落ちるので注意です。

お酒はワインであればボルドータイプの赤が最適。脂が多いのでビールやハイボールともよく会います。

30日以上長期熟成ザブトン
→30日以上熟成された飛騨牛のざぶとんなら格別な美味さ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。