いちぼってどこの部位?おすすめの焼き方やいちぼに合うお酒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
いちぼ部位の解説

いちぼは焼肉でよく使われる濃厚な旨味の部位。
この記事ではいちぼの部位解説、焼き方、調理法、合うお酒を紹介しています。

いちぼの特徴を解説

部位の位置

いちぼ部位イメージ

いちぼはランプの隣にあり、臀部(しり)の骨周りの部位です。
ランプがサーロインとつながっているのに対し、いちぼは外ももにつながる位置にあります。

精肉店や焼肉店によっては、ランプといちぼをまとめてランプと称する場合があります。

いちぼの味と特徴

ランプと比較するときめが少々粗く、しっかりとした食感が味わえる。
和牛ではサシがしっかりと入っているのも特徴。

肉らしい濃厚なうま味を持っており、脂の甘みもしっかりと味わえます。
また適度な歯ごたえもいちぼの魅力の一つ。

味わいに独特の風味を感じるため、クセがあるという方もみえますが、逆にこのクセがたまらないという方もいるので、一度味わってみる価値のある部位です。

いちぼの美味しい食べ方・焼き方・合うお酒

いちぼ焼肉用

味付け

独特の味がある部位なので、味付けは塩コショウでいちぼ本来の味を味わいたい。
クセが少し気になる場合は濃いめの味付けで、醤油や甘口ダレがベター。

焼き方

焼き方は「レア」がおすすめ。
表面だけカリッと焼いて、中心部に火がしっかり通りきらない状態で食べたい。

厚切りの場合はゆっくり火を入れて食べるのがオススメです。

合うお酒

赤ワインのボルドータイプがよく合います。
日本酒であれば熱燗がおすすめ。

30日長期熟成いちぼ
→30日以上の長期熟成された飛騨牛のいちぼなら
さらにいちぼの独特の深みと甘い脂が堪能できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。