トウガラシってどこの部位?おすすめの焼き方やトウガラシに合うお酒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
トウガラシ

トウガラシは肩の一部で、肩甲骨付近の肉。
赤身のうま味が強くロ焼肉のみならず、ローストビーフとの相性も抜群です。

トウガラシ部位の特徴

肩の一部で、肩甲骨付近の肉であり、1頭からあまり多く取れないので希少部位の扱い。
肉質はきめがやや粗く筋がありますが、赤身のうま味が強く、肉汁があふれ出すのがトウガラシの特徴。
その特徴を生かし、焼肉やブロック肉でローストビーフに良く使われます。

トウガラシの美味しい食べ方・焼き方・合うお酒

トウガラシ

合うのは焼肉かブロック肉を使ったローストビーフ。
赤身肉なので脂を切除するといった手間もなく、そのままローストビーフ調理に使えるのではないでしょうか。

焼肉の場合、極力レアに仕上げて、あまり火を通さず中心が柔らかいうちに頂くのがベスト。
もともとタタキで提供していた店もあるくらいなので、両面を炙った生食もオススメですが、やる場合は自己責任で。

食感は柔らかめのもも、もしくはフィレ(ヒレ)に近いです。

食べ方は醤油や甘めのタレ、お肉の味を味わう場合は塩コショウがオススメです。

合うお酒は赤ワイン全般が〇。どっしりめのシャルドネや日本酒も相性良好です。

30日以上熟成トウガラシ
→30日以上の長期熟成された飛騨牛トウガラシが買えるのはここだけ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。